アジア最大級の国際短編映画祭にノミネートされた気高町舞台の短編映画の予告編がついに完成!

ID:
4955
提供年月日:
2014年 5月 15日
担当課:
気高町総合支所 地域振興課
担当者:
宮本 健
外線番号:
0857-82-0011
概要

  平成25年8月に地元住民らがエキストラや炊き出しで協力し、JR浜村駅や貝がら節祭りでの花火大会など気高町を主舞台に撮影された話題の短編映画「平穏(へいおん)な日々(ひび)、奇蹟(きせき)の陽(ひ)」の予告編が完成しました。この作品は米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスタ&アジア(SSFF & ASIA)2014」ジャパン部門にノミネートされています。

目的

  地域を舞台とした映画制作により、芸術性の高いコンテンツを通じた地域の知名度向上、地域の再評価・再発見など、地域振興につなげる。

主催者・共催者

主催/ことるり舎(旧気高芸術のまちづくり委員会)

協力/鳥取市、鳥取市西商工会、気高町カイちゃんスタンプ会、気高地域活性化委員会、気高町観光協会、鳥取市立病院

撮影場所

気高町を中心とした鳥取市内(主な撮影場所:浜村温泉街、船磯海岸、鳥取市立病院)

作品内容

 短編映画をオムニバス形式で劇場公開、また国内外の映画祭に出品し日本の映像コンテンツをPRするプロジェクトを企画・製作する(株)アドウェイズ・ピクチャーズと、国際的な短編映画祭を主宰するパシフィックボイス、そして鳥取市全面協力の元で共同制作された短編映画。

  あの大人気連続テレビ小説 あまちゃん 天野春子(少女期)役で人気を博し、CMにも多数出演する女優・有村架純さんを主演に迎え鳥取市気高町を主舞台に繰り広げられる。何をしてもうまくいかず、何が幸せなのかさえわからない日常の中で、同級生との偶然の再会を通じそれぞれが小さな希望のかけらを見いだし、ともに前に進んでいく姿を描いた作品。こんな時代だからこそすべての人の心へ届けたい、『平凡な日々を生きている』という『奇跡』を。

【公開予定】

  平成26年夏

【監督/脚本】

  榊原 有佑(さかきばら ゆうすけ)/株式会社アドウェイズ・ピクチャーズ所属

【主演】

  有村 架純(ありむら かすみ)/フラーム所属

  服部 紗奈(はっとり さな)/セントラルジャパン所属

【主題歌】

  androp「Light along」/unBORDE(アンボルデ)所属

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140311-00018598-exp-musi

【あらすじ】

  東京でのモデル仕事が上手く行かず地元に戻ってきた紗季は、花火大会の夜、高校の同級生の真美と久しぶりに偶然出会う。高校時代、紗季にとって憧れのような存在だった真美。しかし、久しぶりに出会った真美は松葉杖をつき、以前と様子が違っていた。そして、花火もすでに終わっているというのに、かなり離れた場所にある「海」まで「歩いて行く」という。真美は、自分が助からない身だと気づいていて、「見たい景色」を見ることを生きる希望に、手術後もリハビリを頑張ってきたのだった。一方、人生に挫折中の紗季は、やり場のない自分を紛らわすために、また旧友への想いも加わり、一緒に海へ歩いて行くことを決める。何も知らない紗季、足を引きずりながら必死に歩く真美。旧交を温めるかのように話しながら、暗闇のような夜道をひたすら前に歩き続ける二人だが・・・

短編映画「平穏な日々、奇蹟の陽」予告編

http://www.youtube.com/watch?v=lOxmzKMqXjw

有村架純オフィシャルブログ

http://ameblo.jp/kasumiarimura/entry-11793491109.html