民間事業者からの提案を募集します!(民間提案制度【自由提案型】のご紹介)

ID:
8819
提供年月日:
2019年 7月 1日
担当課:
財産経営課
担当者:
西垣
外線番号:
0857-20-3852
内線番号:
80-4507
概要

 本市では、公共施設の統廃合や民営化、指定管理者制度導入など、公共施設の更新問題の解決に向け、様々な取り組みを行っています。

 その一環として、平成29年10月に策定した「鳥取市公共施設整備等におけるPPP導入検討指針」に基づき、民間活力(ノウハウや技術力等)を最大限に活かした公共施設マネジメントを推進するため、表題の『民間提案制度』を導入することとしました。

 このたび、令和元年度第1回目となる民間事業者からの提案募集を開始しますのでお知らせします。

制度の内容

 この民間提案制度は、民間事業者から、本市が保有する公共施設に関する管理運営、保全、などの提案を求め、本市の自治体経営や公共施設マネジメントに大きく貢献する提案を選定し、民間事業者と本市との協議を経て事業化を図るものです。

 また、提案内容を知的財産として捉え、その情報の保護に加え、提案した者との随意契約を前提とした制度です。

 ただし、本制度は解除条件付きの制度であり、民間事業者との各種協議が成立した場合においても、予算案件等が議会で承認されない等の事由により、本事業が実施できなくなった場合には、本件は事業化されません。

募集する提案内容

(1)提案内容は、「鳥取市公共施設の経営基本方針」に沿う内容とし、本市の自治体経営や公共施設マネジメント等に貢献する施策とします。

  ≪想定する事例≫

   空きスペース(空間)有効活用、ネーミングライツ、広告掲載、効率的な施設管理、

   公共施設におけるサービス向上策 など

(2)提案内容は、次のア~ウの全てに該当するものとします。

   ア 本市が保有する公共施設に関するもの

   イ 提案が選定された場合は、本市との協議過程を経て確実に実施できるもの

   ウ 原則として、本市における新たな財政支出又は維持経費の増加を伴わないもの

募集要項・様式等

 民間提案制度に関する運用指針、募集要項並びに様式等については、本市公式ウェブサイトからダウンロードできます。

スケジュール及び事業の流れ

 別紙添付ファイルのとおり