用瀬町総合支所

前田直衞画伯 地元・家蔵名品展 児童生徒芸術交流事業作品展の開催について

ID:
7295
提供年月日:
2017年 3月 23日
担当課:
用瀬町総合支所 地域振興課
担当者:
金谷
外線番号:
0858-87-2111
内線番号:
84211
概要

前田直衞(まえだ・なおえ 1915~2008)画伯は、鳥取県八頭郡大村(現鳥取市用瀬町)に生まれ、大阪の日本画家・菅楯彦や京都の橋本関雪に師事。昭和61(1986)年に院展特待に推挙、京都画壇の重鎮として活躍され、昨年小惑星に画伯の名前が命名されるました。今回、社地区の皆さんが愛蔵しておられる名品を特別に展示します。また、毎年佐治・用瀬小中学校地域で行っている「児童・生徒芸術交流事業」で地元小中学生が制作した作品も展示します。

主催者・共催者
前田直衞顕彰会・鳥取市
日時

平成29年3月25日(土)26日(日)

午前9時~午後5時

場所
社地区公民館(鳥取市用瀬町宮原)
日程・内容

○地元に残る家蔵名品を展示

 軸装や色紙など社地区の地元の皆様が愛蔵しておられるものを中心に作品展示

○パネルや映像で画伯を紹介

 会場では経歴や作品を紹介したパネル展示や映像上映

○地元の児童生徒の作品を展示

 「児童・生徒芸術交流事業」で地元小中学生が制作した作品を展示

添付ファイル