神戸小学校6年生を対象に出前授業を行います!~『公共施設のあり方を考える出前授業』~

ID:
7020
提供年月日:
2016年 10月 31日
担当課:
財産経営課
担当者:
宮谷・加藤
外線番号:
0857-20-3852
内線番号:
4506
概要

 本市では、これからの”まちづくり”を担う子どもたちに対して、全国的な課題となっている「公共施設の更新問題」を身近な課題として知っていただくとともに、社会・まちづくりへの関心を高める一つのきっかけとするため、出前授業を実施(募集)しています。

 このたび、神戸小学校から申込みがあり、小学校を対象とした出前授業を開催することとなりましたので、お知らせします。

日時

平成28年11月2日(水) 13時45分~14時30分

場所

鳥取市立神戸小学校 2階 図書室

 住所:鳥取市中砂見936(℡:0857-55-0007)

対象

6年生(担任:徳田先生)

タイトル

みんなが幸せになる これからの「公共施設」とは?

 ~将来のために、みんなで考えよう~

出前授業の目的

 身の回りのある公共施設の状況や老朽化などを紹介し、分かりやすく「公共施設の更新問題」について伝え、これからの”まちづくり”を担う子どもたちに「社会への関心」を持っていただくことを目的に実施します。

その他

①4月14日開催の鳥取市立小学校校長会において、出前授業の開催についてお知らせしたところ、神戸小学校から申込みをいただきました。

②授業風景のテレビや新聞等への掲載については、学校の了解をいただいています。

③当日は、本市財産経営課職員2人が先生役となって授業を行います。

④これまでに明徳小学校で開催(本年6月)したことがあり、今回は2回目の出前授業となります。

⑤気象条件がよければ、ドローン(無人航空機)による施設点検の様子も、子ども達に見ていただく予定です。(雨天・強風時などは飛行しません)