睦逢の大堤池で「フナの放流」が行われます

ID:
7322
提供年月日:
2017年 4月 17日
担当課:
気高町総合支所 地域振興課
担当者:
田中 俊行
外線番号:
0857-82-0011
内線番号:
86-211
概要

気高町睦逢(むつお)の大堤池は昔から農業用水として利用するほか、秋には、池の底にたまった泥やゴミを取り除き、放流した魚を捕獲するため水抜きを行います。このとき行う魚とりの方法を「うぐい突き」といいます。

この「うぐい突き」は水を抜いた大堤に入って「うぐい」という竹で編んだかごを泥の中に突きたて、中に入った魚を取る漁法で、この地域に昔から伝わる伝統漁法です。今年は下記の日程により地元の逢坂小学校の児童約30人と一緒にフナの放流を行います。

目的

全国でも珍しい伝統漁法「うぐい突き」の伝承および池周辺の環境保全、景観美化を図るもの。

主催者・共催者
大堤うぐい突き保存会
日時

平成29年4月19日(水) 14:15~14:45

場所
鳥取市気高町睦逢「大堤池」
日程・内容

1.大堤池の歴史や構造、うぐい突きの由来等の説明(保存会会員)

2.フナの放流

(芝桜の手入れ)

(注)「うぐい」とは、道具の名称で、魚のウグイを放流するものではありません。

一般参加の可否
一般参加可