“公共施設の経営基本方針”の策定に向けた『市民アンケート調査』の結果について

ID:
5462
提供年月日:
2014年 10月 31日
担当課:
財産経営課
担当者:
宮谷・加藤
外線番号:
0857-20-3852
内線番号:
80-4506
概要

 鳥取市では、“公共施設のあり方見直し”を進めるため、『公共施設の経営基本方針』の策定に取り組んでいます。

 このたび、その取組みの一環として市民アンケートを実施し、下記のとおり集計しましたのでお知らせします。

目的

①公共施設に対する市民の考えや利用実態を調査する

②“公共施設のあり方見直し”を多くの市民に知っていただく

期間

平成26年9月16日(火)~10月8日(水)

対象

18歳以上の鳥取市民(3,000人)

方法

郵送(アンケート用紙と参考資料)による、無記名アンケート調査

結果

別添資料のとおり(自由意見を除く)

 

 回答者数:965

 回収率  :32.2%

担当コメント

①抽象的な設問の数々にご回答いただき、ありがとうございました。

  統計的に十分といえる(有意性のある)回答数を得られました。   

②「本アンケートで更新問題を知った方」が多く、目的の一つである“周知”は、大きな効果が確認できました。

③「後年度負担の増を避けるべき」との意見が多く見られました。

④将来取り組むべき方策として、「未利用資産の売却・賃貸、施設機能複合化、民間活力導入等」を求める意見が多く見られました。

その他

アンケート結果(自由意見含む)は、次のとおり閲覧が可能です。

①鳥取市公式ウェブサイト

②市役所本庁舎、各総合支所の窓口(順次設置)

当面の予定 

①アンケート結果を分析し、「経営基本方針」策定に向けて協議

②有識者会議から中間提言書の受理(12月)

③中間案についてパブリックコメントの実施(本年12月~来年1月)

④有識者会議から最終提言書の受理(来年2月頃)

⑤経営基本方針の最終案を市議会報告、決定(本年度中)

添付ファイル