“公共施設の更新問題”に関する啓発マンガについて

ID:
7916
提供年月日:
2018年 4月 16日
担当課:
財産経営課
担当者:
西垣
外線番号:
0857-20-3852
内線番号:
80-4507
概要

 本市は、『公共施設の更新問題』の解決に向けて、施設の効率的な管理・保全や民営化、統廃合など、様々な公共施設マネジメント施策を推進しています。

 これらの施策の実現を支えているのは、市民・民間事業者のみなさまのご理解とご協力であります。これまでもこの問題を共有するため、公開セミナーや各種リーフレットを作成し、情報発信に努めてきました。

 一方、『公共施設の更新問題』は、中長期的な視点が必要であり、これから鳥取市を支えていく次世代(若者)に対する意識啓発や課題の共有が重要となります。そのため、特に若者層をターゲットとして、学生に手に取ってもらえる広報媒体について検討してきました。

 このたび、鳥取敬愛高等学校文芸部様のご協力をいただき、下記のとおり啓発マンガを作成しましたのでお知らせします。

作成部数

3,000部

送 付 先

市内高等学校等へ送付

設置場所

市役所本庁舎・駅南庁舎、総合支所、地区公民館、市立図書館

作成経過

平成29年7月 鳥取敬愛高等学校の文芸部員に対するレク

        ≪以降、学生がストーリー等を検討≫

平成30年2月 最終原稿の確認

     3月 啓発マンガの完成

マンガ製作

学校法人鳥取家政学園 鳥取敬愛高等学校 文芸部

(鳥取市西町1丁目111)

部員(当時3年生):濱下栞理さん、山田飛鳥さん、太田彩華さん

※文芸部外の協力:南條京子さん、小林里歩さん(学生)

そ の 他

【作品公表にあたって、顧問の足立教諭からのコメント】

 公共施設という、我々の生活に密着する題材を扱わせて頂き、私自身も生徒ともに学んでいく時間を過ごすことが出来ました。このような機会を経験できたことに感謝の思いがいっぱいです。