音楽☆朗読☆劇「いや重けよごと~愛のもののふ大伴家持」開催

ID:
8398
提供年月日:
2018年 11月 21日
担当課:
国府町総合支所 地域振興課
担当者:
中山 和之
外線番号:
0857-39-0555
内線番号:
81-216
概要

 因幡で最後に詠まれ、家持から後世の人々への愛と平和のメッセージである「いや重けよごと」万葉集最後の歌を詠んだ因幡へ降り立ち、万葉集編纂の経緯や、歌に込めたメッセージを朗読や芝居、音楽で綴る音楽朗読劇。

目的

日本最古の歌集「万葉集」の最後の歌を因幡の地で詠んだ万葉歌人大伴家持が、平成30年に生誕1300年を迎えることを記念し、全国に「万葉のふるさと鳥取市」をアピールし、また若い世代に豊かな鳥取の文化風土を伝えていく絶好の機会として、大伴家持の魅力や功績を伝える記念事業を締めくくる事業として開催する。

主催者・共催者
主  催   大伴家持生誕1300年記念事業実行委員会
日時

平成31年3月9日(土) 午後3時開演

場所
とりぎん文化会館梨花ホール
日程・内容

内  容  

 1300年の時空を超え、万葉集の最後の歌を詠んだ因幡国に降り立ち、万葉集編纂の経緯やなぜ歌わぬ人となったのかなど、大伴家持自ら解き明かすとともに、万葉集やその歌に込めたメッセージを朗読や芝居、音楽で綴る音楽朗読劇

出 演   和泉元彌さん、紺野美沙子さん、下田麻美さん他

入場料   S席5千円、A席4千円、B席3千円

       *全席指定、当日は500円増し

参加者氏名(またはおおよその参加人数)

2000人

一般参加の可否
一般参加可
入場料
5000 円