宝島社『田舎暮らしの本』2019年版 住みたい田舎ベストランキング3冠獲得‼

ID:
8473
提供年月日:
2018年 12月 27日
担当課:
地域振興課
担当者:
河本
外線番号:
0857-20-3184
内線番号:
80-2355
概要

株式会社宝島社が発行する『田舎暮らしの本』1月4日(金)発売の2019年2月号で、「2019年版 第7回 住みたい田舎ベストランキング」が発表(掲載)されます。

これに先駆けて、宝島社より本市が大きなまち(人口10万人以上)グループで「総合部門」・「若者世代部門」・「自然の恵み部門」の3部門で1位にランクインしたとの吉報を受けました。(総合部門では、2年ぶり2度目の1位受賞。本市が複数の部門で1位を受賞したのは初。)

今回の本市のランキング状況

大きなまち(人口10万人以上)グループ

総合部門 1 位、若者世代部門 1 位、子育て世代部門 2位、シニア世代部門 6位、

自然の恵み部門 1 位

本市の評価のポイント

本市は利便性と豊かな自然環境の双方が揃っており、移住前から移住後までの一貫した相談・サポート体制や、幅広い世代を支援する制度が整っていること、また今年度新たに若者や子育て世帯向けの家賃補助や、Uターンで就職活動をする際の交通費補助を新設したことなどが評価されました。

アンケート概要

移住支援策、自然の豊かさ、医療、子育て、就労支援、移住者数などを含む220項目のアンケートを実施し、田舎暮らしの魅力を数値化。663の市町村から回答(前回671市町村)。人口10万人未満の「小さなまち」と、人口10万人以上の「大きなまち」にグループ分けし、全世代対象の【総合】のほか、【若者世代】【子育て世代】【シニア世代】【自然の恵み(新設)】の5部門に分けてランキング。

本市のこれまでの総合部門でのランキング状況

2013年版 第1回 第2位

2014年版 第2回 第8位

2015年版 第3回 第2位

2016年版 第4回 第9位

2017年版 第5回 第1位

2018年版 第6回 第4位

情報解禁

情報解禁は、平成31年1月4日(金)午前0:00以降にお願いします。

添付ファイル