デング熱患者の発生

デング熱患者の発生

ID:
9003
提供年月日:
2019年 9月 28日
担当課:
鳥取市保健所 健康支援課
担当者:
山根、加賀田
外線番号:
0857-22-5694
内線番号:
6041
概要

9月28日、鳥取市保健所管内の医療機関から、蚊媒介感染症であるデング熱患者の発生届出がありましたのでお知らせします。

また、令和元年の本症の県内発生は2例目です。

患者

年齢等20歳代(女性)

住所地:鳥取市

経過

9月11日~9月19日 カンボジア滞在

9月19日  帰国

9月21日  発熱(39℃台)、嘔気が出現

9月26日  倦怠感が強まり、全身に発疹が出現

9月28日  鳥取市内の医療機関を受診

       県衛生環境研究所で検査した結果、デング熱陽性

       患者は、解熱しており、現在自宅療養中

注意喚起事項

≪デング熱流行地域へ渡航される方へ≫

○ 流行地域では、長袖、長ズボン等の着用や、蚊の忌避剤の使用など、蚊に刺されないように注意してください。(流行地:東南アジア、南アジア、中南米等)

○ 国内での感染防止のため、症状の有無にかかわらず(感染していても症状がでない場合もあります。)、帰国後少なくとも2週間程度は、蚊の忌避剤を使用するなど、蚊に刺されないように注意してください。

○ 帰国後、発熱、発疹等の症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診してください。

≪蚊の対策について≫

○ 蚊媒介感染症の国内での発生予防とまん延防止ため、皆様一人一人の御協力をお願いします。

・蚊の多い場所に行くときは、長袖、長ズボン等を着用、虫除けスプレーを使用しましょう。

・やぶ、草むらをなくしましょう。(草刈り、草取りなど)

・不要なものは片付けて、たまり水をなくしましょう。(幼虫対策:媒介蚊であるヒトスジシマカは、小さな水たまりなどに産卵します。)